「密林」の読み方と意味とは?「みつりん」と「ひそりん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「密林」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「密林」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「密林」の正しい読み方は「みつりん」と「ひそりん」どちら

密林の漢字を見て中には、ひそりんと読む人もいるものです。

というのも最初の密の漢字は、密かという言葉の様に、ひそという読みがあるし、後の林の漢字も、林業という言葉の様に、りんという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字の読みを合体させ、密林を、ひそりんと読んでしまうのです。

所が残念ながら、密林はひそりんとは読みません。

密林の漢字は、ひそりんではなく、みつりんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

密林は、みつりんと読むべき言葉です。

そもそも密の漢字は、ひそ以外にも、密輸といった言葉を見れば分かる様に、みつという読みがある上に、林の漢字も前記した様に、りんという読みを所有しています。

だからこそ、密の漢字のみつ読みと、林の漢字のりん読みとを繋げる事で、密林の漢字は、みつりんと読む事が可能です。

「密林」の意味

密林は、隙間がないとか細かく行き届いている等の意味がある密の漢字に、はやしや樹木が集まって生えた所といった意味を有する林の漢字を加える事で完成した言葉となっています。

以上の事から密林は、樹木が隙間なく生い茂っている林を示すのです。

「密林」の言葉の使い方や使われ方

・『その民族は今も、アマゾンの密林で生活を続けている様です』
・『この様な密林を歩き回るのは大変危険です』
・『探検隊は新たな発見を求めて、密林の奥へと進みました』

まとめ

密の漢字には、ひそという読みがあるし、林の漢字も普通に、りんという読みが存在します。

ですがそれらの漢字の読みをシンプルに組み合わせて、密林を、ひそりんと読むのは誤りです。

密林の漢字は、ひそりんではなく、みつりんと読むのが正解となっています。

更にそんな密林は、樹木が生い茂ったジャングルといった意味を表すのです。

タイトルとURLをコピーしました