「尊大」の読み方と意味とは?「そんだい」と「とうとだい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「尊大」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「尊大」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「尊大」の正しい読み方は「そんだい」と「とうとだい」どちら

「尊大」「そんだい」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「尊」の音読みは「そん」、訓読みは「たっと(い)・とうと(い)・たっと(ぶ)・とうと(ぶ)・みこと」「大」の音読みは「だい・たい・た・だ」、訓読みは「おお・おお(きい)・おお(いに)」です。

「尊大」と表記する場合「とうとだい」とは読みません。

正しい読み方の結論

「尊大」の正しい読み方は「そんだい」です。

「とうとだい」とは読みません。

「尊大」の意味

「尊大」の意味は「偉そうに他人を見下す様な態度を取ること」です。

相手に対し敬意を払わず、いばって横柄に接することを表します。

「尊」「敬い大切にする」「値うちや位が高い」という意味、「大」「形・数量・規模などがおおきい」から転じて「大きく見せる」「いばる」という意味、「尊大」で、「自らを値打ちや位が高いとしていばること」になります。

「尊」という漢字の意味から「心が広く尊敬できる」という意味で使うのは誤用になります。

「尊大」の言葉の使い方や使われ方

「尊大」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『彼は社長に向かって尊大な口のきき方をして叱られた』
・『敵が勝ち誇って尊大な笑い声をあげる』
・『弟は昔から兄に対し尊大な態度を取る』

まとめ

今回は「尊大」の読み方について紹介しました。

「尊大」の正しい読み方は「そんだい」で、「とうとだい」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました