「尊重」の読み方と意味とは?「そんちょう」と「とうとおも」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「尊重」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「尊重」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「尊重」の正しい読み方は「そんちょう」と「とうとおも」どちら

尊敬する人を敬う気持ちを持って大切に扱うことを「尊重」【そんちょう】といいます。

自分よりも知識をたくさん持ち合わせていて、周囲の役に立つ人であったり、努力して経験値を増やす努力している者はすばらしいと感じるその気持ちに焦点を当てている言葉なのです。

正しい読み方

音読みで「尊」「ソン」といい、「重」「チョウ」と読みます。

「尊」「とうとい」という意味があり、「重」「おもさ」になる言葉です。

もう一方の「とうとおも」という言葉は一般的ではなく、「尊重」と書くときは「そんちょう」と読んだ方が正しいと覚えておくといいでしょう。

「尊重」の意味

多大な功績を残した人物を敬う気持ちを「尊重」といいます。

その人の考え方や行いを重んじ、自分もそのような功績を残したい、生き方がしてみたいと前向きに生きようと考えるわけです。

また、人の個性や意見がすばらしいと考えれば見習ってうまく吸収します。

このように、自分にとって価値があると思うことに対して尊敬して重んじる姿勢が大事という意味があるのです。

「尊重」の言葉の使い方や使われ方

・『相手を尊重することは自己価値を確かめる方法になる』
・『あの兄弟が仲良しなのは、お互いを尊重しているからだ』
・『人の考え方を尊重しない上司に部下はついてこない』

まとめ

人を敬い、尊敬の念を持って付き合う気持ちはとても大切なことです。

どのような人が「尊重」する対象になるか確かめて、自分なりにうまく言葉を使いこなしてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました