「就役」の読み方と意味とは?「しゅうえき」と「しゅうやく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「就役」の読み方と意味とは? 読み方

仕事や職務、役務につくことを示す言葉には「就役」があります。

この記事では、「就役」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「就役」の正しい読み方は「しゅうえき」と「しゅうやく」どちら

「就役」の読み方は「しゅうえき」であり、「しゅうやく」とは読みません。

この言葉に使用されている「就」は音読みで「しゅう」「じゅ」と読み、訓読みは「就く」「つく」と読みます。

「役」は音読みで「やく」「えき」と読みます。

正しい読み方の結論

「就役」の読み方は「しゅうえき」であり、「しゅうやく」は間違いです。

「就役」の意味

「就役」とは仕事や職務、任務、役務につくことを示す時に使う言葉です。

また「就役」には苦役につく時にも使うことが可能であり、囚人や犯罪者の刑務を表す時に使います。

「就役」は人が特定の役務や苦役につく以外にも、新しく作られた船が任務につく時にも使うことが可能です。

「就役」の類義語には色々なものがあり、職業につくことを表すも言葉には「就職」、仕事をすることを表す言葉には「就労」を使います。

「就役」の言葉の使い方や使われ方

・『空母がその国で初めて就役しました』
・『彼は無事に責任者として就役しました』
・『多くの軍艦が新しく就役したこともあり、緊張感が高まっている』

まとめ

「就役」は仕事や職務、任務、役務につく時に使う言葉であり、これ以外にも苦役につく時にも使います。

「就役」はよい職務や任務につく時から、囚人や犯罪者が刑務につく時など様々な場面で使われています。

「就役」の類義語としては「就職」「就労」がありますが、こちらは正当な仕事や労働につくことを示す言葉です。

タイトルとURLをコピーしました