「得策」の読み方と意味とは?「とくさく」と「えさく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「得策」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「得策」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「得策」の正しい読み方は「とくさく」と「えさく」どちら

「得策」「得」は、音読みで「トク」、訓読みで「え(る)」「う(る)」と読みます。

また「策」は、音読みで「サク」、訓読みで「つえ」「はかりごと」「ふだ」などとなります。

「得」「策」を音読みにすると、「とくさく」と読むことができます。

一方、「得」を訓読み、「策」を音読みにすると、「えさく」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「得策」の正しい読み方は「とくさく」です。

「得」「え」とも読めますが、「得策」の場合は「とく」と読みます。

「得策」「えさく」ではなく、「とくさく」と読むようにしましょう。

「得策」の意味

「得策」とは、得になるやり方や、有利な手段、利益になるはかりごとのことを言います。

「得策」「得」は、「える」「うる」「手に入れる」などを意味しています。

また「策」は、「つえ」「はかりごと」「計画」などを表しています。

そのため、「得策」は漢字の意味から見ると、「計画を手に入れる」と言う意味合いになります。

「得策」の言葉の使い方や使われ方

・『この話は受けておいた方が得策になるだろう』
・『早急に撤退した方が得策だと思われます』
・『下手に動かずに、相手の動きを見た方が得策でしょう』

まとめ

「得策」と似た意味の語としては、「妙策」「妙計」「良策」「良計」、あるいは「企て」などが挙げられます。

一方、「得策」と反対の意味の語は「不得策」となります。

「得策」「えさく」ではなく、「とくさく」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました