「恩典」の読み方と意味とは?「おんてん」と「おんのり」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「恩典」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「恩典」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「恩典」の正しい読み方は「おんてん」と「おんのり」どちら

「恩」という漢字は訓読みでは「恩(めぐ)み」と読み、音読みでは「おん」と読みます。

そして、「典」という漢字は訓読みでは「ふみ」「のり」と読み、音読みでは「てん」と読みます。

「恩典」の場合、「恩」「典」それぞれに音読みを当て、「おんてん」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「恩典」の正しい読み方は「おんてん」になります。

「恩典」の意味

「恩典」とは、「恵を施すこと」「情けのある処置」「情けある取り計らい」「ありがたい処置」を意味する言葉です。

「恩」という漢字には「めぐみ」「慈しみ」という意味が含まれており、「典」という漢字には「書物」「文」「手本」「規則」「拠り所」「しきたり」「正しい」「整っている」など多くの意味が含まれています。

「恩典」を英語になおすと“favour”“favor”“act of grace”などに訳されます。

「恩典」の言葉の使い方や使われ方

・『一定の基準を満たせば、保険料納付免除の恩典を受けることができる』
・『福祉制度の恩典により、衣食住を保障された生活を送ることができている』
・『両親からは生前、返しても返しつくせない恩典を与えてもらった』
・『これまで受けた多くの人たちからの恩典がなければ、今わたしはここにいないだろう』

まとめ

「恩典」の正しい読み方は「おんてん」であり、「恩典」「恵を施すこと」「情けのある処置」「情けある取り計らい」「ありがたい処置」という意味を表す言葉です。

タイトルとURLをコピーしました