「憂う」の読み方と意味とは?「うりょう」と「うらう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「憂う」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「憂う」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「憂う」の正しい読み方は「うれう」と「うらう」どちら

「憂う」の読み方として想定できるものに、「うれう」「うらう」があります。

「うれう」「うらう」の二つの読み方のうち、「憂う」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「憂う」の正しい読み方の結論は、「うれう」が正しい読み方になります。

「憂う」の動詞の言葉で使用されているのは「憂」の漢字です。

「憂」の漢字の音読みは「ユウ」、訓読みは「うれう・うれえる・うれい」です。

「憂」という漢字には「うらう」という訓読みは存在しません。

そのため、「憂う」「うらう」と読むのは端的な読み間違えということになるのです。

「憂う」の意味

「憂う」の意味は、「何かを心配すること」を意味しています。

「憂う」というのは、「気がかりな物事について思い悩むこと」を示している動詞なのです。

「憂う」の意味として、「憂鬱な気分になること+思い通りに物事が運ばず、ネガティブな物思いに沈むさま」を挙げることができます。

「憂う」の言葉の使い方や使われ方

「憂う」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『過去の戦争をもう一度繰り返すような事態になるのではないかと憂えていました』
・『何も思い悩まず憂うこともないお釈迦様のいう悟りの境地なるものに、果たして生身の人間が到達することができるのでしょうか』
・『未来を憂うばかりでは何事も前進することはなく、その憂いの気持ちを生み出している原因を解決していく必要があるのです』

まとめ

この記事では、「憂う」の正しい読み方「うれう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「憂う」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました