「推測」の読み方と意味とは?「すいそく」と「おすそく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「推測」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「推測」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「推測」の正しい読み方は「すいそく」と「おすそく」どちら

「推測」は、「すいそく」とも「おすそく」とも読めそうです。

では、正しい読み方は何でしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「すいそく」です。

「推」は音読みで「スイ」、訓読みで「おす」と読みます。

小学校6年生で習う漢字です。

「測」は音読みで「ソク」、訓読みで「はかる」と読みます。

小学校5年生で習う漢字です。

「推」「スイ」とも「おす」とも読めるので、「推測」「おすそく」と読めそうですが、このような読み方はしません。

「推」「おす」と読むときには、「推す」「す」が送り仮名としてつきます。

また、「おすそく」という言葉はありません。

「推測」の意味

ある事柄をもとにして、こうであろうと想像することという意味です。

すでに知っている事実や現在の状況などから、こうであろうと想像することをいいます。

空想のことではありません。

「推」はおしはかる、「測」はおしはかる、思いはかるという意味を持つ漢字です。

このことから「推測」には、おしはかるという意味があることがわかります。

おしはかるとは、似ているような事柄をあてはめて見当をつけるという意味です。

たとえば、縄文時代の土器から植物の成分が発見されたとします。

この成分から、おそらく縄文時代の人はこういったものを食べていたであろうと想像することができます。

実際に見たわけではないので想像です。

これを「推測」といいます。

「推測」の言葉の使い方や使われ方

・『データから推測する』

まとめ

この言葉は「すいそく」が正しい読み方です。

すでに知っている事柄などから見当をつけることという意味をもっています。

タイトルとURLをコピーしました