「春暖」の読み方と意味とは?「しゅんだん」と「はるだん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「春暖」の読み方と意味とは? 読み方

「春暖」という言葉は春の様子を表す時に使います。

具体的には春のどのような様子を表していてどう読むのが正しい言葉なのでしょうか。

今回は、「春暖」の正しい読み方と意味について解説します。

「春暖」の正しい読み方は「しゅんだん」と「はるだん」どちら

「春暖」という言葉の読み方を漢字の読みから推察すると「しゅんだん」「はるだん」になります。

「しゅんだん」「はるだん」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「春暖」の正しい読み方は「しゅんだん」です。

「春」には「春分」【しゅんぶん】「新春」【しんしゅん】など「しゅん」という読み方と、「春風」【はるかぜ】「常春」【とこはる】など「はる」という読み方があります。

「暖」「暖房」【だんぼう】「温暖」【おんだん】など「だん」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせると「しゅんだん」「はるだん」になりますが「春暖」の正しい読み方は「しゅんだん」です。

「春暖」の意味

「春暖」とは、「春の暖かさ」を表す言葉です。

寒さが厳しい冬が終わり春がやってくると日が長くなり寒さが和らぎます。

春を迎えてやっと訪れた暖かい陽気を表す言葉が「春暖」です。

具体的な気温で決まるものではなく陽気として心地よく暖かい春の日を表しています。

一般的には手紙の書き出しに用いる時候の挨拶として知られる言葉で、ようやく訪れた春の暖かさに対する喜びが含まれた表現です。

「春暖」の言葉の使い方や使われ方

・『春暖の候、いかがお過ごしでしょうか』
・『春暖と呼ぶのにふさわしい日和だ』
・『春暖を待ちかねたかのように野生動物が元気に活動している』

まとめ

「春暖」の正しい読み方は「しゅんだん」「はるだん」などその他の読み方はすべて間違いです。

挨拶状などでよく使う言葉なので正しい読み方と意味を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました