「昨晩」の読み方と意味とは?「さくばん」と「きのばん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「昨晩」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「昨晩」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「昨晩」の正しい読み方は「さくばん」と「きのばん」どちら

普段使っている言葉でも、漢字にすると読めないことがあります。

「昨晩」は普段見聞きする言葉ですが、どのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「さくばん」です。

「昨」は音読みで「サク」と読みます。

音訓表にはのっていない読み方ですが、訓読みで「きのう」とも読みます。

小学校4年生で習う漢字です。

「晩」は音読みで「バン」と読みます。

音訓表にはのっていませんが、訓読みで「くれ」「おそい」とも読みます。

小学校6年生で習う漢字です。

「昨」「きのう」と読み、「きの」ではないので、「きのばん」とは読みません。

また、「きのばん」という言葉もありません。

「昨晩」の意味

昨日の夜という意味です。

「昨」という漢字には、昨日、以前、前のという意味があり、「晩」という漢字には、夕暮れ、夜、おそい、あとという意味があります。

このことから、「昨晩」には昨日の夜という意味があることがわかります。

何時ごろを指すのか定義はありませんが、日が沈んで暗くなったころのことを指します。

今よりも1日前の夜のことで、それ以上前の夜のことではありません。

1日以上前の夜のことは、一昨夜、3日前の夜などの言い方をします。

「昨晩」の言葉の使い方や使われ方

・『昨晩は友達と飲みに行った』
・『昨晩は寒かった』

まとめ

この言葉は「さくばん」と読み、昨日の夜という意味を持っています。

1日前の夜のことで、それ以上前の日の夜のことではありません。

何時ころという定義はありませんが、暗くなった時間帯のことです。

タイトルとURLをコピーしました