「最善」の読み方と意味とは?「さいぜん」と「さいよし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「最善」の読み方と意味とは? 読み方

「最善」という言葉は何を表していてどう読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「最善」の正しい読み方と意味について解説します。

「最善」の正しい読み方は「さいぜん」と「さいよし」どちら

「最善」という言葉の読み方として思いつくのは「さいぜん」「さいよし」の2つです。

「さいぜん」「さいよし」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「最善」の正しい読み方は「さいぜん」です。

「最」「最高」【さいこう】「最大」【さいだい】など「さい」と読みます。

「善」「善心」【ぜんしん】「独善」【どくぜん】など「ぜん」と読むほか、「元善」【もとよし】「善積」【よしづみ】など「よし」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「さいぜん」「さいよし」のうち「最善」の正しい読み方は「さいぜん」です。

「最善」の意味

「最善」とは、「一番よいこと」を意味する言葉です。

選択肢の中で一番よいと思われるものや可能性の中で一番ましなものなど、出来る限りの中で一番よいことを指します。

可能性や実現性を考慮した上で一番よいものを指す言葉なので、さらによい結果やましな未来が予想されるものであっても実現性がないものを「最善」とはいいません。

執り得る選択肢や可能性の中での一番なので“best”よりも“better”にニュアンスは近く、ひどい結果しかない状況では被害や損害が一番少ない選択肢が「最善」です。

「最善」の言葉の使い方や使われ方

・『最善の選択肢を模索する』
・『タクシーを呼ぶのが最善の方法だ』
・『リスクを考えても手術が最善の治療法だろう』

まとめ

「最善」の正しい読み方は「さいぜん」の一つだけです。

「さいよし」などその他の読み方はすべて誤りなので正しい読み方と意味を憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました