「束感」の読み方と意味とは?「たばかん」と「つかかん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「束感」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「束感」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「束感」の正しい読み方は「たばかん」と「つかかん」どちら

「束感」の読み方として予測できるものに、「たばかん」「つかかん」があります。

「たばかん」「つかかん」の二つの読み方のうち、「束感」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「束感」の正しい読み方の結論は、「たばかん」が正しい読み方になります。

「束感」の名詞の言葉に使われている「束」という漢字の音読みは「ソク」、訓読みは「たば・つか(常用漢字表にない読み方)」です。

しかし、「束感」という言葉では「たば」の読み方を採用して「たばかん」になります。

「束感」「つかかん」と読むのは明らかな誤読なのです。

「束感」の意味

「束感」の意味は、「髪の毛が束のようにまとまっている形やその感じ」を意味しています。

「束感」というのは、「主にメンズのヘアスタイルで使われている美容用語」なのです。

「束感」の意味は、「動きのあるメンズのヘアスタイルにおいて、髪の毛が束のような感じで格好良く綺麗にまとまっているさま」を指しています。

「束感」の言葉の使い方や使われ方

「束感」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

『自分のヘアセットでは、格好良くまとまっている束感を上手く再現することができませんでした』

・『美容院で束感のあるヘアスタイルにしてほしいとオーダーしたら、思っていた以上に今風のクールな髪型に仕上げてくれました』
・『ワックスで綺麗な束感を出したいのであれば、初めからある程度短めの軽い髪型にしておいたほうが良いです』

まとめ

この記事では、「束感」の正しい読み方「たばかん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「束感」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました