「株価」の読み方と意味とは?「かぶか」と「かぶね」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「株価」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「株価」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「株価」の正しい読み方は「かぶか」と「かぶね」どちら

「株価」の正しい読み方は、「かぶか」です。

なぜなら、「価」という文字は、「あたい」と読むことと「か」と読むことは可能ですが、「ね」とは読みません。

「ね」と読む場合、おそらく値段という「値」が文字にあてられるので、まったく意味が異なってしまいます。

正しい読み方の結論

「株価」の正しい読みは、「かぶか」です。

「かぶね」とした場合、株というものはお金であるという意味になりかねで同行できるという意味のほうが強くなりますのでふさわしくない言葉になります。

一方「株価」とした場合、会社の価値そのものを意味しますので、イメージにおいてお金というものが先にイメージされません。

よって、「かぶか」と読むのが正しいとされており、これを「かぶね」と読んだ場合、おかねの事ばかりが先行し、会社の価値というものがイメージされないということから「かぶか」とよみます。

「株価」の意味

「株価」は、会社の価値という意味で、「株価」が上がるということは会社が評価され会社自体の価値が上がるという意味で最終的にお金という価値に置き換わります。

よって、「株価」が上がると喜ぶのは、会社の価値が上がったことに関しての喜びと、投資した側からすれば、会社が利益を生むということが証明されたがゆえです。

「株価」の言葉の使い方や使われ方

・『株価が急落する』
・『株価が上昇する』

まとめ

「株価」とは、株式の価値のことで、投資した会社の価値のことです。

勝ちは最終的にお金に代わるんですが、これは投資した側から見た場合、最終的にお金に代わりますが、投資を受けた側は、自社が評価されて価値が上がったという証明になります。

よって、「かぶね」というお金をイメージする言葉でなく、「かぶか」という会社の価値を示すような言葉にしたのがこの言葉だと言われています。

タイトルとURLをコピーしました