「格段」の読み方と意味とは?「かくだん」と「かつだん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「格段」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「格段」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「格段」の正しい読み方は「かくだん」と「かつだん」どちら

「格段」の読み方として推測できるものに、「かくだん」「かつだん」があります。

「かくだん」「かつだん」の二つの読み方のうち、「格段」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「格段」の正しい読み方の結論は、「かくだん」が正しい読み方になります。

「格段」の名詞で使われている「格」という漢字の訓読みは「いたる・ただす」で、音読みは「カク・コウ」です。

「格」という漢字の音読みに「カツ」という読み方はありません。

そのため、「格段」「かつだん」と読むのは明らかな読み間違えとして判断されるのです。

「かつだん」と読むことができる漢字表記は「活断層」しかなく、「活断」だけでは意味のある独立した言葉にはなりません。

「格段」の意味

「格段」の意味は、「程度やレベルの違いが非常に大きいさま」を意味しています。

「格段」というのは、「他と比べた場合に特別に優れている・秀でている」といった意味のニュアンスを持っています。

「格段」のもう一つの意味として、「物事の程度が普通および標準を大きく超えているさま」も挙げられます。

「格段」の言葉の使い方や使われ方

「格段」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『オリンピック出場選手の柔道の実力は格段であり、挑戦者たちを簡単に投げ飛ばしてしまいました』
・『結婚してから料理教室に通ったこともあり、料理の腕前は格段に上達しました』
・『彼女の数学のセンスや才能は格段であり、高校生の頃から全国模試でもトップクラスの成績でした』

まとめ

この記事では、「格段」の正しい読み方「かくだん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「格段」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました