「横断」の読み方と意味とは?「おうだん」と「よこだん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「横断」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「横断」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「横断」の正しい読み方は「おうだん」と「よこだん」どちら

普段行っている行為なのですが、読み方はわかりますか。

では、どのように読むのか解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「おうだん」です。

「横」という漢字は、音読みで「オウ」「コウ」、訓読みで「よこ」「よこたわる」と読みます。

小学校3年生で習う常用漢字です。

「断」という漢字は、音読みで「ダン」、訓読みで「たつ」「ことわる」「さだめる」と読みます。

小学校5年生で習う常用漢字です。

「横」はこの漢字だけだと、「よこ」と読むことが多いです。

そのため、「横断」「よこだん」と読めそうなのですが、この場合は「おうだん」と読みます。

「よこだん」という言葉はありません。

「横断」の意味

主な意味は3つあります。

1つめは、横に断ち切ることです。

刃物などを使って、くっついていない状態にすることをいいます。

そのときに、縦の方向ではなく横の方向に断ち切ることです。

2つめの意味は横切ることです。

歩道を渡って、道のこちら側から向こう側に移動をします。

この行為が「横断」が意味するものです。

3つめは大陸や大洋を東西の方向に移動をすることです。

アメリカ大陸の西側から東側に向かうなどをいいます。

南北の方向に移動することは、この言葉が意味するものではありません。

「横断」の言葉の使い方や使われ方

・『道を横断する』
・『横断している人がいるので車を停車させる』
・『歩いて横断する』

まとめ

この言葉は「おうだん」と読みます。

横に断ち切ること、横切ること、東西の方向に移動することという意味を持っています。

タイトルとURLをコピーしました