「民権」の読み方と意味とは?「みんけん」と「たみけん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「民権」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「民権」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「民権」の正しい読み方は「みんけん」と「たみけん」どちら

「民権」の読み方として想定できるものに、「みんけん」「たみけん」があります。

「みんけん」「たみけん」の二つの読み方のうち、「民権」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「民権」の正しい読み方の結論は、「みんけん」が正しい読み方になります。

「民権」の政治・法律の用語に使用されている「民」という漢字の訓読みは「たみ」、音読みは「ミン」です。

ただし「民権」の言葉では音読みの「ミン」が採用されて「みんけん」と読みます。

そのため、「民権」「たみけん」と読むのは明らかな誤読となります。

また「たみけん」という日本語自体が存在しないのです。

「民権」の意味

「民権」の意味は、「特別な権力者・貴族などではない、一般的な人民・個人の権利」を意味しています。

「民権」というのは、「一般人・人民の主に政治的な権利」を示している言葉なのです。

特に「民権」は、「国家権力から不当に行動や言論活動、思想(内面)の自由などを侵害されることのない自由権」のニュアンスを持っています。

「民権」の言葉の使い方や使われ方

「民権」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『明治維新以前には、個人の自由や権利という概念がほぼなく民権という言葉すら存在していませんでした』
・『板垣退助らの自由民権運動は、主に一般国民の参政権取得を目的とするものでした』
・『現代では改めて民権論が振り返られることは少ないのですが、日本国憲法が保障する人権の多くは民権と重なります』

まとめ

この記事では、「民権」の正しい読み方「みんけん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「民権」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました