「河原」の読み方と意味とは?「かわら」と「かわはら」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「河原」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「河原」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「河原」の正しい読み方は「かわら」と「かわはら」どちら

「河原」「河」は、音読みで「カ」、訓読みで「かわ」と読みます。

また「原」は、音読みで「ゲン」、訓読みで「はら」「たず(ねる)」「もと」「ゆる(す)」となります。

「河」「原」を訓読みで読むと、音韻脱落(おんいんだつらく)で「かわら」と読むことができます。

一方、「かわはら」も訓読みで読めますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「河原」の正しい読み方は「かわら」です。

ただし、人名や地名などで「かわはら」と読む場合があります。

本来の意味での「河原」「かわはら」ではなく、「かわら」と読むようにしましょう。

「河原」の意味

「河原」とは、川辺の平地で、水がない砂や石の多いところのことを言います。

「河原」「河」は、「川」「大きな川」などを意味しています。

また「原」は、「広くて平らな土地」「のはら」「もと」などを表しています。

そのため、「河原」は漢字の意味から見ると、「川の野原」「川の広くて平らな土地」と言う意味合いになります。

「河原」の言葉の使い方や使われ方

・『秋晴れの日に、久しぶりに河原を散歩しました』
・『河原で水鳥たちの様子を観察しました』
・『私は近所の河原でボーっとするのが好きです』

まとめ

「河原」と関連した語としては、「川原(かわら)」「川岸(かわぎし)」「河岸(かわぎし)」「河川敷(かせんじき)」、あるいは「川端(かわばた)」などが挙げられます。

本来の意味での「河原」「かわはら」ではなく、「かわら」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました