「演算」の読み方と意味とは?「えんざん」と「のさん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「演算」の読み方と意味とは? 読み方

様々な計算処理を示す言葉には「演算」があります。

この記事では、「演算」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「演算」の正しい読み方は「えんざん」と「のざん」どちら

「演算」の正しい読み方は「えんざん」であり、「のざん」とは読みません。

この言葉に使われている「演」は音読みで「えん」と読みます。

「算」は音読みで「さん」と読みます。

正しい読み方の結論

「演算」の正しい読み方は「えんざん」であり、「のざん」は間違いです。

「演算」の意味

「演算」とは様々な計算処理を示す言葉であり、様々なものが存在します。

基本的な「四則演算」は誰でも使うことが可能であり、これ以外にも数値の大小を比較する「比較演算」や、論理式を使って命題の真偽を判定する「論理演算」などが存在します。

これらの「演算」は非常に高度なものも多く、現代ではコンピューターによって行われるのが特徴です。

コンピューターやプログラミングで「演算」する時に使われる記号は「演算子」と呼ばれ、高度な計算や演算する時に使われます。

「演算」の類義語としては「計算」がありますが、こちらは数量を数学的方法で求める時に使う言葉です。

「演算」の言葉の使い方や使われ方

・『四則演算は昔から得意なジャンルです』
・『比較演算はコンピューターが簡単にやってくれるので助かります』
・『論理演算によって様々な命題の真偽が明らかになりました』

まとめ

「演算」は様々な計算処理を示す言葉であり、簡単に実行できるものからコンピューターやプログラミングで行う複雑なものも存在します。

「演算」は数学からコンピューターまで幅広く使われており、最近ではプログラミング授業で学ぶことが可能です。

タイトルとURLをコピーしました