「演習」の読み方と意味とは?「えんしゅう」と「えんなら」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「演習」の読み方と意味とは? 読み方

「演習」とは教育や訓練に関係する言葉です。

具体的にどのような行為で何が正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「演習」の正しい読み方と意味について解説します。

「演習」の正しい読み方は「えんしゅう」と「えんなら」どちら

「演習」という言葉の読み方として「えんしゅう」「えんなら」の2つが候補になります。

「えんしゅう」「えんなら」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「演習」の正しい読み方は「えんしゅう」です。

「演」「演劇」【えんげき】「開演」【かいえん】など「えん」と読みます。

「習」「習字」【しゅうじ】「予習」【よしゅう】など「しゅう」と読むほか、「習い事」【ならいごと】「手習い」【てならい】など「なら」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「えんしゅう」「えんなら」の2つのうち「演習」の正しい読み方は「えんしゅう」です。

「演習」の意味

「演習」とは、「実際の状況を想定して行われる訓練や練習」を意味する言葉です。

体を鍛えたり操作を覚えたりといった自分達の都合による訓練や練習ではなく現実的に起きるであろう状況を想定し行う訓練や練習を指します。

一般的には軍隊で行われる仮想敵や仮想状況を設定した訓練を指すほか、高等教育機関で行われる少人数の専門的で実地を重視したゼミナールを表す意味で使われる言葉です。

「演習」の言葉の使い方や使われ方

・『上陸戦を想定した演習が行われた』
・『演習通りにやれば何も問題はない』
・『演習で専門的な知識を学ぶ』

まとめ

「演習」「えんしゅう」が唯一の正しい読み方で「えんなら」という読み方はありません。

使う場面によって意味が変化する言葉なのでそれぞれの意味を正しく理解して使い分けましょう。

タイトルとURLをコピーしました