「熟年」の読み方と意味とは?「じゅくねん」と「じゅとし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「熟年」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「熟年」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「熟年」の正しい読み方は「じゅくねん」と「じゅとし」どちら

熟年の漢字表記を見た人の中には、じゅとしと読んでしまう人もいるものです。

所が後ろの年の漢字は、年寄りといった言葉みたいに、としという読みがありますが、前の熟の漢字には、じゅという読みはありません。

そのため熟年の漢字は、じゅとしと読む事が出来ず、じゅくねんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

熟年は、じゅくねんと読むべき言葉です。

そもそも熟の漢字は、円熟といった言葉を見れば分かる様に、じゅくという読みが普通にある上に、後ろの年の漢字も、年月という言葉の様に、ねんという読みを所有しています。

だからこそ、熟の漢字のじゅく読みと、年の漢字のねん読みとを合体させる事によって、熟年の漢字は、じゅくねんと読めるのです。

「熟年」の意味

熟年は、十分に成長するやなれるといった意味がある熟の漢字に、ねんれいや老齢といった意味を有する年の漢字を付け加える事で誕生した言葉となっています。

以上の事から熟年は、人生の中で、成熟したと言える年代を示すのです。

「熟年」の言葉の使い方や使われ方

・『近年、定年後の熟年離婚が増えています』
・『うちの両親は既に熟年夫婦と呼べる年代ですが、とても仲が良いです』
・『そろそろ熟年型の生命保険に入るべきです』

まとめ

熟の漢字には、じゅという読み方は存在していません。

お陰で熟年は、じゅねんと読む事も出来ないので、この様な読み方をするのは当然、誤りです。

熟年の漢字は、じゅとしではなく、じゅくねんと読むのが正解な言葉です。

更にそんな熟年は、中高年の様な成熟した年代といった意味を表す際に、使われる言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました