「牛乳」の読み方と意味とは?「ぎゅうにゅう」と「うしちち」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「牛乳」の読み方と意味とは? 読み方

学校の給食で出ていた飲み物といえば「牛乳」です。

この飲み物は一体どのようなものでどう読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「牛乳」の正しい読み方と意味について解説します。

「牛乳」の正しい読み方は「ぎゅうにゅう」と「うしちち」どちら

「牛乳」という言葉の読み方としては「ぎゅうにゅう」「うしちち」の2つが考えられます。

「ぎゅうにゅう」「うしちち」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「牛乳」の正しい読み方は「ぎゅうにゅう」です。

「牛」には「牛舎」【ぎゅうしゃ】「猛牛」【もうぎゅう】など「ぎゅう」という読み方と、「牛飼」【うしかい】「雄牛」【おすうし】など「うし」という読み方があります。

「乳」「乳液」【にゅうえき】「豆乳」【とうにゅう】など「にゅう」と読むほか、「乳搾り」【ちちしぼり】「乳臭い」【ちちくさい】など「ちち」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「ぎゅうにゅう」「うしちち」のうち「牛乳」の正しい読み方は「ぎゅうにゅう」です。

「牛乳」の意味

「牛乳」とは、「母牛が子牛に与えるため乳房から分泌する母乳」を意味する言葉です。

牛の母乳を指す言葉ですが、一般的には出産した母牛から搾って取った母乳を集めて飲用や加工用にしたものを指します。

健康に良い飲み物としてそのまま飲むほかバターやチーズなど乳製品の原料として利用されます。

「牛乳」の言葉の使い方や使われ方

・『牛乳を一気に飲み干す』
・『牛乳を低温で殺菌する』
・『牛乳の脂肪分を集めてバターを作る』

まとめ

「牛乳」の正しい読み方は「ぎゅうにゅう」です。

「うしちち」と読むこともありますが慣用的な読み方であり正しい読み方ではありません。

とても身近な食材なので正しい読み方と意味を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました