「異境」の読み方と意味とは?「いきょう」と「いさかい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「異境」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「異境」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「異境」の正しい読み方は「いきょう」と「いさかい」どちら

「異境」の読み方として想定できるものに、「いきょう」「いさかい」があります。

「いきょう」「いさかい」の二つの読み方のうち、「異境」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「異境」の正しい読み方の結論は、「いきょう」が正しい読み方になります。

「異境」の言葉で使用されている「境」という漢字の音読みは「キョウ」、訓読みは「さかい」です。

ただし「異境」という言葉においては、訓読みの「さかい」で読まれることはなく、音読みの「いきょう」が正しい読み方になっています。

そのため、「異境」「いさかい」と読むのは、明らかな読み間違えとして判断できるのです。

また「いさかい」という日本語自体が存在せず、国語辞典にもその項目はありません。

「異境」の意味

「異境」の意味は、「自分の故郷・故国ではない国」を意味しています。

「異境」という言葉は、簡単に言ってしまえば「外国・他国」のことを意味している言葉になります。

「異境」のもう一つの意味として、「日常的に立ち入ることのない秘境+普通ではない特別な場所や辺境的な土地」もあります。

「異境」の言葉の使い方や使われ方

「異境」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『異境に初めて立ち入ったのは18歳のときで、大きなカルチャーショックを受けることになりました』
・『郷に入っては郷に従うで、私は異境を旅したときは現地の食文化や生活儀礼を尊重して受け入れるようにしています』
・『アマゾン奥地の秘境を案内されたときは、異境を冒険するような刺激的な感覚を味わうことができました』

まとめ

この記事では、「異境」の正しい読み方「いきょう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「異境」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました