「県庁」の読み方と意味とは?「けんちょう」と「けんちょ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「県庁」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「県庁」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「県庁」の正しい読み方は「けんちょう」と「けんちょ」どちら

「県庁」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「県」の漢字の音読みは「ケン」で、訓読みは「あがた」です。

また、「庁」の漢字の音読みは「チョウ・テイ」で、訓読みはありません。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「けんちょう」と読めることが分かります。

しかし「庁」の漢字に「ちょ」との読みがないことから、「けんちょ」と読むのは間違いではないかと考えられます。

さて、「県庁」の正しい読み方は「けんちょう」「けんちょ」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「県庁」の正しい読み方は「けんちょう」で、「けんちょ」と読むのは、先に推察した通り間違いです。

「県庁」の読みが「けんちょう」であることは理解していても、会話での発音時に「ちょう」と伸ばすのが不十分な人も少なくありません。

こうした人の発音を聞いて「けんちょ」と覚えてしまっている方がいるのかも知れません。

耳で聞くだけでなく、しっかり漢字を確認して正し読み方を覚えたいものです。

「県庁」の意味

「県庁」とは、「県の行政事務を取り扱う役所のこと」を意味する言葉です。

「県庁」の言葉の使い方や使われ方

・『県庁のある都市を県庁所在地と言います』
・『県庁は県知事を最高責任者とする役所です』
・『面積の広い県では、県庁舎の他に一部の業務を行う分庁舎を設置しているところもあります』

まとめ

「県庁」の正しい読み方は「けんちょう」で、「けんちょ」と読むのは間違いです。

また、この「県庁」とは、「県の行政事務を取り扱う役所のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました