「秘話」の読み方と意味とは?「ひわ」と「ひばなし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「秘話」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「秘話」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「秘話」の正しい読み方は「ひわ」と「ひばなし」どちら

「秘話」「秘」は、音読みで「ヒ」、訓読みで「ひ(める)」「ひそ(か)」「かく(す)」と読みます。

また「話」は、音読みで「ワ」、訓読みで「はなし」「はな(す)」となります。

「秘」「話」「ひわ」と読むことができます。

一方、「秘」を音読み、「話」を訓読みにすると、「ひばなし」と読めそうですが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「秘話」の正しい読み方は「ひわ」です。

「話」「はなし」とも読めますが、「秘話」の場合は「わ」と読みます。

「秘話」「ひばなし」ではなく、「ひわ」と読むようにしましょう。

「秘話」の意味

「秘話」とは、人々に知られていない話や、誰にも知らせない話のことを言います。

「秘話」「秘」は、「ひめる」「秘密」「ひそか」などを意味しています。

また「話」は、「はなし」「物語」「談話」などを表しています。

そのため、「秘話」は漢字の意味から見ると、「秘めた話」「ひそかな話」と言う意味合いになります。

「秘話」の言葉の使い方や使われ方

・『私は感動秘話を基にした物語を読むのが好きです』
・『今回はドラマの撮影秘話も掲載されています』
・『インタビューでは制作秘話も語られました』

まとめ

「秘話」と関連した語としては、「内緒話(ないしょばなし)」「内密(ないみつ)」「内輪話(うちわばなし)」「秘説(ひせつ)」、あるいは「秘録(ひろく)」などが挙げられます。

「秘話」「ひばなし」ではなく、「ひわ」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました