「簡略」の読み方と意味とは?「かんりゃく」と「かんり」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「簡略」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「簡略」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「簡略」の正しい読み方は「かんりゃく」と「かんり」どちら

「簡」という漢字は訓読みでは「ふだ」「簡(えら)ぶ」と読み、音読みでは「かん」「けん」と読みます。

そして、「略」という漢字は訓読みでは「略(はか)る」「はかりごと」「略(おか)す」「略(はぶ)く」などと読み、音読みでは「りゃく」と読みます。

「簡略」の場合、「簡」「略」それぞれに音読みを当て、「かんりゃく」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「簡略」の正しい読み方は「かんりゃく」になります。

「簡略」の意味

「簡略」とは、「簡単で手短なことやそのさま」「簡単で手軽なことやそのさま」などを意味する言葉です。

「簡略」の類義語としては、「簡潔(かんけつ)」「容易(ようい)」「簡易(かんい)」「造作(ぞうさ)もない」「容易(たやす)い」「ちょろい」などがあります。

「簡略」の対義語としては、「難しい」「困難」「面倒くさい」「煩(わずら)わしい」「厄介(やっかい)」「ハード」などがあります。

「簡」「手軽な」「おおまかな」という意味のほか、「文字を記した木製や竹製の札」などの意味が含まれる漢字です。

そして、「略」「はかりごと」「企み」という意味のほか、「省く」「簡単にする」などの意味を含める漢字です。

「簡略」の言葉の使い方や使われ方

・『この書籍は数学の理論が簡略にまとめられており、読みやすい』
・『近年の葬式では、段取りを簡略化したものがエコノミーで人気のようだ』
・『複雑化した事柄を一旦、簡略に整理する必要がある』

まとめ

「簡略」の正しい読み方は「かんりゃく」になります。

「簡略」とは、「簡単で手短なことやそのさま」「簡単で手軽なことやそのさま」などを意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました