「著述」の読み方と意味とは?「ちょじゅつ」と「きじゅつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「著述」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「著述」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「著述」の正しい読み方は「ちょじゅつ」と「きじゅつ」どちら

著述の漢字を見た人の中には、きじゅつと読んでしまう人もいるものです。

確かに最初の著の漢字は、著るという言葉の様に、きという読みはあり、後ろの述の漢字も、述語といった言葉を見れば分かる様に、じゅつという読みがあります。

そのためそれら2つの読みを合体させて、著述を、きじゅつと読んでしまうのです。

所が著述の漢字の場合は、きじゅつと読むのは間違いで、ちょじゅつと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

著述は、ちょじゅつと読むべき言葉です。

そもそも著の漢字は、著者という言葉を見れば分かる様に、ちょという読みを持っている上に、述の漢字は前記した様に普通に、じゅつという読みがあります。

だからこそ、著の漢字のちょ読みと、述の漢字のじゅつ読みを繋げる事で、著述は、ちょじゅつと読む事が可能です。

「著述」の意味

著述は、書きつけるや書物にあらわすといった意味がある著の漢字に、のべるといった意味を有する述の漢字を付け加える事で完成した言葉となっています。

以上の事から著述は、書物を書きあらわす事を示すのです。

「著述」の言葉の使い方や使われ方

・『彼女は著述家として働いています』
・『恐らくこれは亡くなった祖父が著述したものです』
・『彼は大学教授として働きつつ、著述業もこなしています』

まとめ

著の漢字には、きという読みがあるし、後ろの述の漢字も、じゅつと読む事が出来ます。

ですがそれら2つの読みを組み合わせて、著述をきじゅつと読むのは誤りです。

著述の漢字は、きじゅつではなく、ちょじゅつと読むのが正解な言葉となっています。

そんな著述は、著作や書物を書きあらわすといった意味の言葉として、使われているのです。

タイトルとURLをコピーしました