「親和性」の読み方と意味とは?「しんわせい」と「にゅうわせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「親和性」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「親和性」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「親和性」の正しい読み方は「しんわせい」と「にゅうわせい」どちら

「親和性」「親」は、音読みで「シン」、訓読みで「おや」「した(しい)」などと読みます。

また「和」は、音読みで「ワ」「オ」、訓読みで「なご(やか)」「やわ(らぐ)」などとなります。

さらに「性」は、音読みで「セイ」「ショウ」、訓読みで「さが」「たち」と読むことができます。

「親」「和」「性」をすべて音読みで読むと、「しんわせい」になります。

一方、「親」「にゅう」とは読まないので、「にゅうわせい」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「親和性」の正しい読み方は「しんわせい」です。

「親」「しん」とは読めますが、「にゅう」とは読みません。

「にゅうわ」と読む漢字には「柔和」の表記がありますが、意味が異なります。

「親和性」「にゅうわせい」ではなく、「しんわせい」と読むようにしましょう。

「親和性」の意味

「親和性」とは、ある物質と他の物質が容易に結合する性質のことを言います。

あるいは、相性が良く、親しく仲良くできることを意味しています。

「親和性」「親」は、「おや」「したしい」などを意味しています。

また「和」は、「なごむ」「やわらげる」などを表しています。

さらに「性」は、「さが」「性質」などの意味を持っています。

そのため、「親和性」は漢字の意味から見ると、「親しく和む性質」と言うような意味合いになります。

「親和性」の言葉の使い方や使われ方

・『親和性は元々、科学用語でしたが、そこから転じて人間関係やビジネスなど、他の分野でも使われるようになりました』
・『親和性は「類は友を呼ぶ」に通じるものがあるかもしれません』
・『この物質は水との親和性が高いのが特徴です』

まとめ

「親和性」と関連した意味を持つ語としては、「親近感」「類似性」「融和性」などが挙げられます。

「親和性」「にゅうわせい」ではなく、「しんわせい」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました