「警視」の読み方と意味とは?「けいし」と「きょうし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「警視」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「警視」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「警視」の正しい読み方は「けいし」と「きょうし」どちら

「警」は訓読みでは「警(いまし)める」と読み、音読みでは「けい」「きょう」と読む漢字です。

そして、「視」は訓読みでは「視(み)る」と読み、音読みでは「し」と読む漢字です。

「警視」の場合、「警」「視」それぞれに音読みを当て、「けいし」と読むのが正解になります。

同じ音読みでも「きょうし」と読むと誤用になるので注意しましょう。

正しい読み方の結論

「警視」の正しい読み方は「けいし」になります。

「警視」の意味

「警視」とは、「日本の警察官の階級の1つ」を意味する言葉です。

警察法第62条に規定されており、警部の上で警視正の下、上から5番目に位置する警察の階級になります。

「警視」を含める熟語の例には以下があります。

「警視庁(けいしちょう)」
東京都を管轄区域に持つ警察行政の官庁。

「警視総監(けいしそうかん)」
警視庁の長官。

「警視監(けいしかん)」
警察官の階級の1つであり、上から2番目の階級。

「警視長(けいしちょう)」
警察官の階級の1つであり、上から3番目の階級。

「警」という漢字には「注意する」「いましめる」などの意味のほか、「警察の略」という意味も含まれています。

そして、「視」「見る」「みなす」などの意味が含まれる漢字です。

「警視」の言葉の使い方や使われ方

・『彼の父親は昇任して警視となった』
・『警視の主人公の活躍を描いたドラマがヒットしている』

まとめ

「警視」の正しい読み方は「けいし」になります。

「警視」とは、「日本の警察官の階級の1つであり、上から5番目の階級」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました