「貯蔵」の読み方と意味とは?「ちょぞう」と「ちょくら」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「貯蔵」の読み方と意味とは? 読み方

物や財貨を蓄えておくことを示す言葉には「貯蔵」があります。

この記事では、「貯蔵」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「貯蔵」の正しい読み方は「ちょぞう」と「ちょくら」どちら

「貯蔵」の正しい読み方は「ちょぞう」であり、「ちょくら」とは読みません。

この言葉に使われている「貯」は音読みで「ちょ」と読み、訓読みは「貯える」「たくわえる」と読みます。

「蔵」は音読みで「ぞう」と読み、訓読みは「くら」と読みます。

正しい読み方の結論

「貯蔵」の正しい読み方は「ちょぞう」であり、「ちょくら」は間違いです。

「貯蔵」の意味

「貯蔵」は物や財貨を蓄えておくことを示す言葉です。

「貯蔵」は個人がする以外にも、企業や政府がする行為に対して使うことも可能です。

緊急時や災害時に備えてする「食糧貯蔵」は万が一の時に役立つものであり、レトルト食品や缶詰などは長期間の保存が可能なものとして有名です。

レトルト食品以外にも最近では「冷凍貯蔵」が可能な商品が増えてきており、様々な食品を新鮮に保存することが可能になりました。

「貯蔵」は便利なものを蓄えておくケースから、原子力発電所における使用済み燃料「貯蔵庫」のような危険なものを保存する場合にも使います。

「貯蔵」の言葉の使い方や使われ方

・『蔵には様々な食糧が貯蔵されています』
・『災害に備えて色々なものを貯蔵しています』
・『冷凍貯蔵された商品はトラックで発送されました』

まとめ

「貯蔵」は物や財貨を蓄えておくことを示す言葉です。

日本では災害時に備えて様々な食品や生活必需品を「貯蔵」する人が増えてきました。

ここ最近は冷凍「貯蔵」やレトルト食品の進化により多くのものを「貯蔵」することが可能になりました。

タイトルとURLをコピーしました