「運営」の読み方と意味とは?「うんえい」と「はこえい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「運営」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「運営」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「運営」の正しい読み方は「うんえい」と「はこえい」どちら

普段見聞きする言葉ですが、この漢字をどう読むかわかりますか。

では、どのように読むのか解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「うんえい」です。

「運」という漢字は、音読みで「ウン」、訓読みで「はこぶ」と読みます。

音訓表にはのっていませんが、「めぐる」「さだめ」と読むこともできます。

「営」という漢字は、音読みで「エイ」、訓読みで「いとなむ」と読みます。

「運」「運ぶ」と書いて「はこぶ」と読むことが多いので、「運営」「はこえい」と読みたくなります。

しかし、この場合は「うん」と読んで、「運営」「うんえい」と読みます。

「はこえい」という言葉はありません。

「運営」の意味

組織や大会などの機能を十分に発揮できるように、それらをまとめて働かせることという意味です。

「運」には、めぐらす、動かす、「営」には、いとなむ、仕事をする、こしらえるという意味があります。

このことから「運営」には、仕事などを動かすという意味があることがわかります。

高校の体育祭や学園祭などには、運営委員会というものがあります。

自分がやったことがあるという人もいることでしょう。

この委員会に属する人たちには、体育祭などがうまく進むように準備をする役回りがあります。

この人たちがやっていることが「運営」が意味するものです。

「運営」の言葉の使い方や使われ方

・『大会を運営する』
・『5人で運営をする』

まとめ

この言葉は「うんえい」と読みます。

組織などをまとめて、その機能がうまく働くようにすることという意味です。

タイトルとURLをコピーしました