さんずいへんに共で「洪」の読み方とは?簡単に解釈

さんずいへんに共で「洪」の読み方とは? 読み方

さんずいへんに共と読む漢字には「洪」があります。

この記事では、「洪」の読み方を分かりやすく説明していきます。

さんずいへんに共で「洪」の読み方

「洪」は音読みで「こう」と読み、訓読みは「おおみず」と読みます。

「おおみず」「大水」と書くことが可能です。

「洪」の意味や解説

「洪」は雨などにより川の水が溢れる状態や、土地が水で浸ってしまうことを示す言葉です。

このような状態を示す言葉には「大水」がありますが、この読み方である「おおみず」「洪」の訓読みとなっています。

「洪」を使った言葉として最も有名なものには「洪水」があり、こちらは雨や台風によって河川の氾濫や浸水を引き起こす危険性があります。

「洪水」は普段乾いている土地や場所、住宅街などに発生することも多く、日本では季節に訪れる台風でもよく発生するのが特徴です。

「洪」はこれ以外にも規模が大きい様や優れていることを示す時にも使うことが可能です。

「洪」の熟語での使い方や使われ方

・『洪水』【洪水】
「河川の水が増えるて溢れること」を表します。
こちらは自然現象から物体に対して比喩的に使うことが可能です。
部屋の荷物やタンスの中身が多い状態など、ものが溢れそうな状態に対して「洪水」を使うことが可能です。

・『洪積世』【こうせきせい】
「約258万年前から約1万年前」までを示す地質学的な分類であり、こちらは後に「更新世」という名称に変わりました。
この時代は前期、中期、後期に分類され、こちらは2017年に名称が決まったチバニアンが存在します。

・『洪牙利』【ハンガリー】
「ヨーロッパのハンガリー共和国」を漢字で表したものです。
ハンガリーの首都はブダペストであり、ドナウ川が流れていることで有名です。

まとめ

「洪」は主に「洪水」のように水が溢れる状態や浸水する状態を表す時に使います。

タイトルとURLをコピーしました