木へんに目で「相」の読み方とは?使い方など簡単に解釈

木へんに目で「相」の読み方とは? 読み方

この記事では、「相」の読み方を分かりやすく説明していきます。

木へんに目で「相」の読み方

「相」の漢字の音読みは「ソウ・ショウ」で、訓読みは「あい」です。

また、常用漢字外の読み方としては訓読みで「さが・たす(ける)」もあります。

「相」の意味

「相」の漢字は 木へんの漢字ですが、樹木の種類や樹木や木材等に関連する意味はなく、熟語にもこうした意味を持つものはありません。

この「相」の漢字の意味としては「観相(かんそう)」の熟語など「よく見ること」や、「真相(しんそう)」「形相(ぎょうそう)」の熟語など「外に現れた姿かたち」や、「首相(しゅしょう)」「宰相(さいしょう)」の熟語の様に「たすける」や、「相談(そうだん)」「相愛(そうあい)」の熟語の様に「たがいに」や、「相続(そうぞく)」「相伝(そうでん)」の熟語など「うけつぐこと」等の色々な意味があります。

また、訓読みの「あい」と読ませる熟語としては「相性?(あいしょう)?」「相手(あいて)」などが挙げられます。

「相」の例文や使われ方

・『観相』【かんそう】
「骨格などから、その人の性質や運命などを判断すること、人相を見ること」
・『形相』【ぎょうそう】
「顔つきや顔かたちのことで、特に怒りや嫉妬など激しい感情の現れた顔つきのこと」
・『相愛』【そうあい】
「互いに愛し合うこと」、この『相愛』を使った四字熟語の、『相思相愛』は広く知られています。

まとめ

「相」の漢字の音読みは「ソウ・ショウ」で、訓読みは「あい」です。

木へんの漢字ですが、樹木の種類や樹木や木材等に関係する意味はなく、「よく見ること」「外に現れた姿かたち」「たすける」「たがいに」「うけつぐこと」等の意味を持つ漢字です。

タイトルとURLをコピーしました