「不文律」の読み方と意味とは?「ふもんりつ」と「ふもんりつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「不文律」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「不文律」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「不文律」の正しい読み方は「ふぶんりつ」と「ふもんりつ」どちら

「不文律」の読み方として推測できるものに、「ふぶんりつ」「ふもんりつ」があります。

「ふぶんりつ」「ふもんりつ」の二つの読み方のうち、「不文律」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「不文律」の正しい読み方の結論は、「ふぶんりつ」が正しい読み方になります。

「不文律」という漢字の熟語に使われている「不文」は、「ふもん」ではなく「ふぶん」と読みます。

「文」という漢字の音読みは「ぶん・もん」、訓読みは「ふみ」ですが、「不文律」においては音読みの「ぶん」が採用されるのです。

そのため、「不文律」「ふもんりつ」と読むのは誤読と判断されます。

「不文律」の意味

「不文律」の意味は、「文章化されていないルール」を意味しています。

「不文律」というのは、「明らかなルールとして公にされているわけではないルール」を指している言葉です。

「不文律」とは、「特定の集団組織において、明文化されずとも暗黙の内に共有されたり遵守されたりしている規範・約束」といった意味を持っている言葉なのです。

「不文律」の言葉の使い方や使われ方

「不文律」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『プライベートについて根掘り葉掘り聞かないのがここでの不文律でした』
・『不文律はある種のタブー(禁忌)なので、不文律を破るとその集団から疎外されやすくなります』
・『この会社に来る前にどんな仕事をしていてどんな人生を歩んでいたのかに触れないのが暗黙の不文律でした』

まとめ

この記事では、「不文律」の正しい読み方「ふぶんりつ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「不文律」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました