「実兄」の読み方と意味とは?「じっけい」と「じつあに」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「実兄」の読み方と意味とは? 読み方

「実兄」という言葉はきょうだいに対して使いますが、具体的にどのような関係のきょうだいのことで何と読むのでしょうか。

今回は、「実兄」の正しい読み方と意味について解説します。

「実兄」の正しい読み方は「じっけい」と「じつあに」どちら

「実兄」という言葉の読み方としては「じっけい」「じつあに」が考えられます。

「じっけい」「じつあに」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「実兄」の正しい読み方は「じっけい」です。

「実」には「実験」【じっけん】「実況」【じっきょう】など「じっ」という読み方と、「実話」【じつわ】「現実」【げんじつ】など「じつ」という読み方があります。

「兄」「父兄」【ふけい】「長兄」【ちょうけい】など「けい」と読むほか、「兄上」【あにうえ】「兄貴」【あにき】など「あに」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできるが「じっけい」「じつあに」の2つのうち「実兄」の正しい読み方は「じっけい」です。

「実兄」の意味

「実兄」とは、「血のつながった兄」を意味する言葉です。

同じ親の血を引くきょうだいのうち自分よりも年上の男性を指します。

自分よりも年上の男のきょうだいを「兄」といいますが、養子や姉の結婚相手など義理の関係で結ばれた男のきょうだいではなく、生物学的に血のつながりがある兄が「実兄」です。

父親違いあるいは母親違いであっても血のつながりはあるので「実兄」です。

「実兄」の言葉の使い方や使われ方

・『ひさしぶりに実兄に会った』
・『義理の兄ではなく実兄です』
・『実兄だが顔は全く似ていない』

まとめ

「実兄」「じっけい」が正しい読み方です。

「実弟」【じってい】と聞き間違えないようにあえて「じつあに」と読むこともありますが、正式な読み方ではないので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました