「熟れる」の読み方と意味とは?「うれる」と「むれる」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「熟れる」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「熟れる」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「熟れる」の正しい読み方は「うれる」と「むれる」どちら

熟れるの文字を目にした人の中には何となく、むれると読んでしまう人がいたりするものです。

所が肝心の熟の漢字には、むという読みはありません。

恐らく幾分見た目が似ている部分があって、むという読みを持っている蒸の漢字と、勘違いしてこの様に読んでしまったのだと考えられるのです。

そのため熟れるは、むれると読む事さえ出来ないので、この様に読んでしまうのは完全に誤りとなっています。

熟れるは、むれるではなく、うれると読むのが正しい読み方です。

正しい読み方の結論

熟れるは、うれると読むのが正解な言葉となっています。

そもそも熟の漢字は単体でもそのまま、うという読みを所有しているのです。

だからこそ熟の漢字の、う読みと、後ろに続く平仮名の、れるを組み合わせる事で、熟れるの文字は、うれると読む事が出来ます。

「熟れる」の意味

熟れるは、果物や作物等が十分に成長するやよくにる、物事に十分に慣れるといった意味を有する熟の漢字に、平仮名の、れると付け加える事によって誕生した言葉です。

以上の事から熟れるは、果実等が十分に熟すという意味を示します。

「熟れる」の言葉の使い方や使われ方

・『このトマトはもう少し熟れると、美味しく食べられます』
・『うちの庭に出来ていた桃は、熟れる前に何者かに盗まれてしまいました』
・『美味しいメロンを食べたいなら、しっかり熟れるまで待つべきです』

まとめ

熟の漢字には、むという読み自体が存在していません。

なので熟れるの文字は、むれると読む事さえ出来ず、その様に読んでしまうのは間違いです。

熟れるは、むれるではなく、うれると読むべき言葉となっています。

そんな熟れるは、果物等が熟すという意味を表現する際に、使用される言葉です。

タイトルとURLをコピーしました