「発奮」の読み方と意味とは?「はっぷん」と「ぱつふん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「発奮」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「発奮」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「発奮」の正しい読み方は「はっぷん」と「はつふん」どちら

「発」という漢字は訓読みでは「発(はな)つ」「発(た)つ」「発(ひら)く」「発(あば)く」と読み、音読みでは「はつ」「ほつ」と読みます。

そして、「奮」という漢字は訓読みでは「奮(ふる)う」と読み、音読みでは「ふん」と読みます。

「発奮」の場合、「発」「奮」それぞれに音読みを当て、「ふん」を促音に変化させて「はっぷん」と読むのが正解です。

音読みをそのまま当てて、「はつふん」と読むと誤用になってしまうので注意しましょう。

正しい読み方の結論

「発奮」の正しい読み方は「はっぷん」になります。

「発奮」の意味

「発奮」とは、「心を奮い起こすこと」「何かに刺激を受け、精神を奮い立たせること」を意味する言葉であり、別の漢字を用いて「発憤(はっぷん)」とも表記されます。

「発奮」の類義語には、「気力を奮い起こすこと」「思い切り金品を出すこと」を意味する「奮発(ふんぱつ)」「勇気や元気を奮い起こすこと」などを意味する「奮起(ふんき)」などがあります。

「発奮」の言葉の使い方や使われ方

・『幼馴染の大活躍に発奮して部活により一層励むことにした』
・『私が仕事の勉強に精を出すようになったのは、成功した同期に発奮したことがきっかけとなった』
・『部下たちを発奮させるために、偉人の言葉とエールを贈った』

まとめ

「発奮」の正しい読み方は「はっぷん」ということでした。

そして、「発奮」という言葉は「心を奮い起こすこと」「何かに刺激を受け、精神を奮い立たせること」という意味が含まれています。

タイトルとURLをコピーしました