「筋肉」の読み方と意味とは?「きんにく」と「すじにく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「筋肉」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「筋肉」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「筋肉」の正しい読み方は「きんにく」と「すじにく」どちら

「筋肉」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「筋」の漢字の音読みは「キン」で、訓読みは「すじ」です。

また「肉」の漢字の音読みは「ニク」で、訓読みは「しし」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「きんにく」と読めることが分かります。

また、訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば、「すじにく」と読める可能性があることも分かります。

さて、「筋肉」の正しい読み方は「きんにく」「すじにく」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては「筋肉」の読み方としては、「きんにく」「すじにく」のいずれも正しいと言えます。

しかし、二つの読み方によって、その意味は後に記す通り違うので、注意が必要です。

「筋肉」の意味

「筋肉」「きんにく」と読む場合は、「動物が身体を動かすのに必要な収縮性を持つ運動器官」の意味となり、「すじにく」と読む場合は、「牛や豚などの食用肉の中で、筋が集まっていて堅い肉の部分のこと」を意味する言葉となります。

「筋肉」の言葉の使い方や使われ方

・『彼は最近ジムで鍛えているので、各部位の筋肉(きんにく)が盛り上がっている』
・『安い肉だと購入したが、残念ながら筋肉(すじにく)だらけで、非常に堅い肉でした』

まとめ

「筋肉」の読み方としては、「きんにく」「すじにく」のいずれも正しいと言えます。

また、この「筋肉」は、「きんにく」と読む場合は、「動物が身体を動かすのに必要な収縮性を持つ運動器官」の意味となり、「すじにく」と読む場合は、「牛や豚などの食用肉の中で、筋が集まっていて堅い肉の部分のこと」を意味する言葉となります。

タイトルとURLをコピーしました