「課税」の読み方と意味とは?「かぜい」と「はかぜい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「課税」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「課税」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「課税」の正しい読み方は「かぜい」と「はかぜい」どちら

「課税」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語で使われている二つの漢字の読みを確認します。

「課」の漢字の音読みは「カ」で、訓読みは常用漢字外の読み方ですが、「わりあ(てる)・はか(る)」です。

また、「税」の漢字の音読みは「ゼイ」で、訓読みは常用漢字外の読み方ですが、「みつぎ」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば「かぜい」と読めることが分かります。

また、訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば「はかぜい」と読める可能性があることも分かります。

しかし、この分析からはいずれの読み方が正しいかは判断できません。

さて、「課税」の正しい読み方は「かぜい」「はかぜい」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「課税」の正しい読み方は「かぜい」で、「はかぜい」と読むのは間違いです。

この熟語では、少し珍しいと言える湯桶読みではなく、ごく一般できな音読みを重ねた読み方が、正しいと言うことになります。

「課税」の意味

「課税」とは、「税金を義務者に割り当てること」を意味する言葉です。

「課税」の言葉の使い方や使われ方

・『所得税は、収入が多い人ほど税率が高くなる累進課税になっています』
・『消費税は広くすべての人から税金を徴収する課税方式です』
・『日本では所得税と消費税の他に、固定資産税・贈与税・相続税など、色々な課税がなされています』

まとめ

「課税」の正しい読み方は「かぜい」で、「はかぜい」と読むのは間違いです。

また、この「課税」とは「税金を義務者に割り当てること」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました