「転勤」の読み方と意味とは?「てんきん」と「ころきん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「転勤」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「転勤」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「転勤」の正しい読み方は「てんきん」と「ころきん」どちら

「転勤」「てんきん」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「転」の音読みは「てん」、訓読みは「ころ(がる)・ころ(げる)・ころ(がす) ころ(ぶ)・こけ(る)・まろ(ぶ)・うつ(る)・うた(た)・くるり」「勤」の音読みは「きん・ごん」、訓読みは「つと(める)・つと(まる)・いそ(しむ)」です。

「転勤」と表記する場合「ころきん」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「転勤」の正しい読み方は「てんきん」です。

「ころきん」とは読みません。

「転勤」の意味

「転勤」の意味は「同じ企業や官庁の中で、働く場所が変わること」です。

その組織や団体に所属したまま、働く店舗やオフィスが変わることです。

「転」「くるくる回る」「ころがす」から転じて「場所を移す」という意味、「勤」「力を尽くしてつとめはげむ」「職場で仕事する」という意味、「転勤」「仕事する職場が移ること」になります。

基本的に、単発ではなく所属自体が変わる時に使われる言葉です。

「転勤」の言葉の使い方や使われ方

「転勤」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『夫が転勤になり家族で引っ越す』
・『取引先へ転勤の挨拶に回る』
・『転勤の可能性のない会社に転職する』

まとめ

今回は「転勤」の読み方について紹介しました。

「転勤」の正しい読み方は「てんきん」で、「ころきん」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました