「過重」の読み方と意味とは?「かじゅう」と「かおも」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「過重」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「過重」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「過重」の正しい読み方は「かじゅう」と「かおも」どちら

「過重」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語で使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「過」の漢字の音読みは「カ」で、訓読みは「す(ぎる)・あや(まり)」です。

また、「重」の漢字の音読みは「ジュウ・チョ」で、訓読みは「え・おも(い)・かさ(ねる)」です。

従って、ここから二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「かじゅう」と読めることが分かります。

また、音読み+訓読みで繋いで、いわゆる重箱読みすれば「かおも」と読める可能性があることも分かります。

しかし、ここからは、いずれの読み方が正しいかを判断することは出来ません。

さて、「過重」の正しい読み方は「かじゅう」「かおも」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

「過重」の正しい読み方は「かじゅう」で、「かおも」と読むのは間違いです。

この熟語では、少し特殊な重箱読みではなく、最も一般的な音読みを重ねた読み方が正しいと言うことです。

「重」の漢字を使った熟語は、音読みの「ジュウ」「チョ」と読ませるものが大多数ですが、「重荷」「身重」など、訓読みの「おも」と読ませるものも少数ですがあります。

「過重」の意味

「過重」とは「重すぎることや、度を越えて重いこと」を意味する言葉です。

「過重」の言葉の使い方や使われ方

・『近年、過重労働問題が社会問題化しています』
・『精神的に過重すぎる仕事により、うつ病を発症することもあるので、注意が必要です』

まとめ

「過重」の正しい読み方は「かじゅう」で、「かおも」と読むのは間違いです。

「過重」とは「重すぎることや、度を越えて重いこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました