木へんに吉で「桔」の読み方とは?使い方など簡単に解釈

木へんに吉で「桔」の読み方とは? 読み方

この記事では、木へんに吉で「桔」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「桔」の読み方

「桔」という漢字の音読みは「キツ・ケツ」、訓読みは「はねつるべ」になります。

「桔」という漢字の読み方として一般的によく知られているのは、キキョウ科の植物の名前である「桔梗(ききょう・けっこう)」の読み方です。

訓読みも一応「はねつるべ(植物名)」という読み方がありますが、実際にこの読み方をすることはまずありません。

「桔」の漢字の意味や解説

「桔」という漢字の基本的な意味は、「青みのある紫色の綺麗な花を咲かせるキキョウ科の多年草の植物」「近世以前にはねつるべと呼ばれていた植物」にあります。

「桔」の漢字は実際の用法では「桔梗」以外にはほとんど使われないのですが、「人名・地名」としての使用例が多くなっています。

「桔」の例文や使われ方

「桔」という漢字の例文と使われ方を紹介します。

「桔」の漢字は一般的に、「特徴的な紫色の花を咲かせるキキョウ科の植物」を指して使われています。

「桔」の漢字を一文字で使うことはまずなく、「桔梗(ききょう)」の熟語で使われます。

「桔梗平(ききょうだいら)・桔梗が丘」などの地名。

「桔梗(ききょう・きっこう)・桔流(きりゅう)・桔川(きっかわ)」などの名字にも使われます。

・『桔梗(ききょう)の鮮やかな紫色の花は古代から愛されていて、秋の七草や秋の季語にもなっています』
・『桔梗(ききょう・きっこう)という名字は非常に珍しく、日本全体でも約600人程度しかいないとされています』
・『京都府の福知山市に、桔梗が丘(ききょうがおか)という青紫色の花をイメージさせる地名があります』

まとめ

この記事では、木へんに吉と書く「桔」の読み方・意味・使われ方と例文を詳しく解説しましたがいかがでしたか。

「桔」という漢字について詳しく調べたいときには、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました