「操業」の読み方と意味とは?「そうぎょう」と「あやごう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「操業」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「操業」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「操業」の正しい読み方は「そうぎょう」と「あやごう」どちら

「操業」「そうぎょう」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「操」の音読みは「そう」、訓読みは「みさお・あや(つる)・と(る)」「業」の音読みは「ぎょう・ごう」、訓読みは「わざ」です。

「操業」と表記する場合「あやごう」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「操業」の正しい読み方は「そうぎょう」です。

「あやごう」とは読みません。

「操業」の意味

「操業」の意味は、「機械などを動かして仕事すること」です。

工場で機械を作動させたり、船や重機などを動かすことで役割や目的を果たすことを表します。

「操」「手先でうまく扱う」「思い通りに動かす」という意味、「業」「苦労してなしとげる事柄」「生活のために行う仕事」という意味、「操業」で、「手先でうまく扱うことにより行う生活の為の仕事」になります。

日常的に使われる「自転車操業」という言葉は、「自転車を常にこいで倒れないようにしている様子」から、「資金の借り入れと返済を繰り返しながらやっとのことで保っていることのたとえ」という意味で使われています。

「操業」の言葉の使い方や使われ方

「操業」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『わが社の漁船はオホーツク海で操業している』
・『工場は5時で操業を停止する』
・『あの会社は自転車操業している』

まとめ

今回は「操業」の読み方について紹介しました。

「操業」の正しい読み方は「そうぎょう」で、「あやごう」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました