「精鋼」の読み方と意味とは?「せいこう」と「せいはがね」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「精鋼」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「精鋼」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「精鋼」の正しい読み方は「せいこう」と「せいはがね」どちら

「精鋼」「精」は、音読みで「セイ」「ショウ」、訓読みで「くわ(しい)」「しら(げる)」「もののけ」と読みます。

また「鋼」は、音読みで「コウ」、訓読みで「はがね」となります。

「精」「鋼」を音読みにすると、「せいこう」と読むことができます。

一方、「精」を音読み、「鋼」を訓読みにすると、「せいはがね」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「精鋼」の正しい読み方は「せいこう」です。

「鋼」「はがね」とも読めますが、「精鋼」の場合は「こう」と読みます。

「精鋼」「せいはがね」ではなく、「せいこう」と読むようにしましょう。

「精鋼」の意味

「精鋼」とは、精錬(せいれん)した鋼鉄(こうてつ)のことを言います。

「精鋼」「精」は、「玄米などをついて白くする」「まじりけがない」「こまかい」「こころ」などを意味しています。

また「鋼」は、「はがね」「鍛えて強くした鉄」などを表しています。

そのため、「精鋼」は漢字の意味から見ると、「まじりけがない鋼」と言う意味合いになります。

「精鋼」の言葉の使い方や使われ方

・『精鋼の「精錬」とは、不純物が多く含まれている金属の中から、純度が高い金属を取り出すことを言います』
・『彼は大学を卒業後、精鋼会社に就職しました』
・『「精鋼」「製鋼」はどちらも「せいこう」と読みますが、それぞれ意味が異なります』

まとめ

「精鋼」と関連した語としては、「鋼(はがね)」「鋼鉄」「精錬」「製錬(せいれん)」、あるいは「精製(せいせい)」などが挙げられます。

「精鋼」「せいはがね」ではなく、「せいこう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました